エアコンクリーニングで排出された汚水はどうするの?

結論から先に申し上げますと、ダスキンではエアコンクリーニングの汚水は店舗へ持ち帰ります。

エアコンクリーニングの汚水を持ち帰る理由

ここからはダスキンが何故エアコンクリーニング後の汚水を持ち帰のか?
その理由についてお教え致します。

アルカリ性の汚水は下水管にダメージを与える

エアコンクリーニングの汚水がダメージを与える

国が定める水道法の排水の基準として、下水道に流していいpHの値(ペーハー値)は5~9と決まっています。
一般的にエアコンクリーニングはアルカリ性の薬剤を使用するケースが多い為、pH9を上回る可能性が高いと考えられます。

このようなアルカリ性を示す汚水は排水すると以下のようなデメリットが産まれます。

アルカリ性が強い汚水を排水すると、下水管に損傷を与えるだけではなく、下水を流れている物質と化学反応を起こしてしまうと人体に不具合を与える有害なガスを発生させる恐れがあります。

エアコンクリーニング時に使用した薬剤の影響により、排水した水の成分がアルカリ性に傾いた状態になっています。

アルカリ性の汚水は水質汚染のリスクがある

水質汚染

そのままトイレは、洗面等に捨ててしまうと水質汚染のリスクを伴います。

高濃度のアルカリ性の汚水を生活用水に流してしまった場合、一家庭の問題だけではなく、全体世帯に影響を及ぼします。

※排水の量が多いと言ってお客様先で排水する業者もございます。家庭で排水する場合は、汚水の希釈をしていないか?もしくはpHや洗剤の成分を確認するようにして下さい。

汚水を持ち帰るには訳がある

理由

ダスキン寒川町支店では地球環境を配慮し、エアコンクリーニングで出た排水を店舗に持ち帰る事を義務付けしています。

専用の薬剤を使用して希釈、排水をアルカリ性の成分からpHを水と同じ濃度まで戻してから排水処理を行う流れをルールとして取り決めさせて頂いております。

ただエアコンクリーニングを行うだけではなく、処理にも手間を掛ける事で環境面も考慮、地球にも優しくお客様が安心してサービスをご利用頂けるよう当社は徹底させて頂いております。

ダスキンのエアコンクリーニング

エアコンクリーニング<壁掛けタイプ>

エアコンのフィルターをこまめにおそうじしているのに、イヤなニオイがすると感じるのは、エアコン内部の汚れが原因かもしれません。ダスキンなら、ご家庭では触ることのできないエアコン内部まで分解・洗浄。イヤなニオイのもととなるカビやホコリを徹底的に除去します。

■エアコンクリーニング<壁掛けタイプ>料金

クリーニング料金標準料金
1台14,300円(税抜13,000円)

ご相談・現地調査・お見積りはこちらから

ダスキン寒川町支店

神奈川県湘南地域(藤沢市茅ヶ崎市平塚市)でエアコンクリーニングのご相談・お見積り・現地調査は無料で承っております
お気軽にご相談下さい。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    任意お問い合わせ内容
    任意ご希望のサービス等

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。